花粉症と睡眠不足(不眠)の関係

今年もまた辛い花粉症の季節がやってきました。朝から鼻水が止まらずクシャミ連発、日中も頭が働かず集中力が持続しなくてお困りの方も多いのではないでしょうか。花粉症には体質や環境など様々な原因がありますが、原因の一つに睡眠不足(不眠症)も挙げられます。花粉症によって不眠気味になってしまう方は、目の痒みや痛み・鼻水や鼻づまりで眠れなくなることによって自律神経のバランスが崩れ、花粉症がさらに悪化という悪い流れを止められなくなる傾向にあるようです。

SOE-MAC&エアナジーと花粉症

SOE-MACの個人ユーザーさん、エアナジーを導入している治療院やエステさんから肯定的なご報告を受けています。なぜポジティブな反応が得られるのか、SOEテクノロジーの研究で明らかになっている事を参考にご紹介します。

・活性酸素を除去(活性酸素は花粉症等アレルギー性疾患の原因の一つと言われています)
・自律神経の調子を整える(副交感神経が優位になりすぎて炎症が起きるのを防ぎます)
・炎症の抑制(粘膜の炎症を抑えることで症状を緩和させます)
・睡眠不足の解消(よく眠ることで、正常な体の機能を取り戻します)

マスクやメガネなどの花粉症対策グッズ、市販薬や医師から処方される薬での治療も有効ですが、今の辛さを抑えるだけでは花粉症と無縁な生活を取り戻すことはできません。花粉症対策において最も大切なこと(他の疾病も全て同じですが)は、食生活や生活のリズムを見直し、今の季節だけではなく1年を通して健康的な毎日を過ごすことです。