いびきのメカニズム

みなさんはいびきをかきますか?録音でもしない限り自分のいびきは聞けないので、誰かに指摘されないと分からない方がほとんどです。いびきで悩んでいるのは、本人ではなくて同じ寝室で寝ているご家族のケースが多いそうです。「うるさくて眠れなかった!」とクレームをつけられても、当の本人は「えっ!?うるさかった?」と知らぬ存ぜぬ。。。よくある話です。

いびきって何の音?どうして音がするの?

いびきはどうしてあんな音がするのかご存知でしょうか。いびきは、呼吸で取り込まれた空気が上気道を通る際に「喉や鼻の奥の粘膜・気道の壁面など」を振動させることで発生します。では、なぜ寝ている時だけいびきをかくのかというと、寝ている時は気道が横向きになるので重力の影響を受けること、睡眠中は普段は気道を確保するために働いている筋肉が弛緩すること、これらの原因で気道が狭くなるからです。

いびきの原因

いびきには人それぞれの原因があります。一般的なものをご紹介します。

肥満

これはいびきのメカニズムからも分かるとおり、首周りのお肉で気道が狭くなってしまうからです。ダイエット(減量)することによって、改善される可能性があります。

アレルギー性鼻炎の鼻疾患

鼻水や鼻づまりによって、鼻の粘膜の抵抗が大きくなりいびきが発生します。また、鼻で呼吸ができずに口呼吸になることで、舌の付け根が喉を狭くすることも一因です。

年齢

年齢を重ねることで、舌を支える筋肉や気道周辺の筋肉も他の筋肉と同じように少しずつ弱くなっています。これにより、舌を支えることができずに上気道が狭められていびきをかきやすくなります。

睡眠薬や精神安定剤などは筋肉を弛緩させる作用があるものもあります。気道周りや舌の筋肉が弛んで気道が狭くなりいびきの発生につながるケースがあるそうです。詳しくは薬を処方しているかかりつけのお医者さんに相談してください。

飲酒・アルコール

アルコールによって、筋肉が弛緩して気道が狭くなります。また、血行が促進されて鼻腔の血管が膨張することで鼻詰まりが起こり気道が狭くなります。更に、鼻炎持ちの方はアルコールにより鼻がグジュグジュしてしまい、鼻水鼻づまりが起きることでいびきをかくことがあります。